「ほっ」と。キャンペーン

'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


雪がつもってますよ

別に希望したわけでもないのにクリスマスイブ、クリスマスとシフトで無駄に2連休。
いや、ありがたい2連休ですので無駄とは言いませんが。
そしていつもはイヤって程重なる飲み会もこの連休に限っては無し。

休日とクリスマスが重なって、ツタヤもイトーヨーカドーもジャスコもすごい混みよう、
って書いてる時点で私の行動パターンもばれますが。
そしてラジオから次々と繰り出されるクリスマスソングの波状攻撃。

年末やな~。


最近の出来事。

青森ではもう既にすごい積雪なのですが、先週のこと。
仕事を終え、駐車場で目にしたのがこの風景。
c0168186_2114967.jpg


写真じゃちょっと伝わりにくいけど。
完全に埋まってますがな、、、

というか、駐車場にたどり着くまでにも雪との格闘があったのですが、
この車!
いや~もう笑っちゃった。

で、膝まで雪に埋もれながら屋根の雪を半分どかしたところ。
c0168186_21144846.jpg


これでどれだけ積もってたかお分かりでしょうか。
何気にタイヤが見えなくなってるのの分かりますかい。

青森の人によると、12月にこれだけ積もるのも珍しいみたい。
あと、ずっと青森の道は広いなあと思ってたんだけどその理由が今明らかに。
除雪で道幅が狭くなるから。
既に道の両側には雪の壁が出来てます。
交差点とか見えなくて怖い~。


そしてなんと、ゾロ目にして初めて知る事実。
職場の敷地内の荷物の移動にはやっぱり台車が大活躍ですが、雪が積もると台車などは使えません。
そこで出てくるのがソリ!

ソリは乗り物ではないんですねえ~!
荷物を運ぶためのものなんですねえ~!

知らなかった。
だって秋田で外で荷物運ぶ事なんてなかったし。

で、今日外を歩いてたら、ソリに乗った子供をひっぱってどっかに行くおかーちゃんを見ました。なごみ。
が、明らかに子供を乗せて遊ばせているというよりも、子供を運搬してました。

あ、そうだ!長靴買わなきゃ!
[PR]

by gon-puaka | 2011-12-25 21:22

セクシャルトーク イズ ボーダーレス

相変らず多い飲み会。
今日は久々にまともな時間に家にたどり着き、まともな時間に自分の作ったご飯を食べた。
と言っても仕事が終わった訳ではないのだが。

昨日は総勢15人位の飲み会で、たまたま固まって座った日本人3人(男と女、30代)、ルーマニア人1人(男、50代)、シンガポール人1人(女、20代)で大・下ネタ大会。

日本人
「え、英語で下ネタって何て言うんだ?」

「うーーーん、、、sexual talk?」


「じゃあ、『下ネタは国境を越える』は?」

「sexual talk is borderless」


下ネタは国境を越える。
個人的な話をする必要は無いと言いつつ、結局みんな自分の体験談を話したがる不思議。
アホ話から始まり、最後は50代ルーマニア人のオトナな美談で美しくまとまるという、オトナにいいとこ持ってかれたまだまだ青い三十路と20代小娘。

ちなみにシンガポール人20代娘はもっぱら毒舌と評判で、ついたあだ名が「スパイシー・ガール」
すんごくいい子なのだけど。



そして昨日からもやもやと、まがい物や嘘、という類のものと、それに対して、本物や本気、ということについて考えている。
頼れるのは結局自分の直感だけ、というのは危ういし、仕事をする上では裏付けと根拠が必要で、知識と経験が足りないのはもちろん自覚しつつ、自分がたまに感じる直感的な違和感はそれほど間違っていないような気がする。
違和感を感じたり、逆にキラキラしたものを感じ取ったり、そういうための感性ももっと磨いていかないとな。


この文章を書くに当たって、まがいものや嘘の反対語って何だろう?と考えていて、
本気
という言葉にたどり着いた。

嘘の反対は本当、ではなく多分、本気、だと思う。
本当のことが何かなんて、人や場所や状況よって変化するものと思うので。
誰かにとってそれが本当のことで無くても、本気であればまだマシじゃないか。
やっかいなのは、本当と思い込んでいるが、実は本気ではない、という状況かも。
ん?もう一つは思い込みか。
うーむ。ナンじゃこの文章。
色々考えます。

同じ状況を体験した人達と明日の飲み会で話してみようっと。
[PR]

by gon-puaka | 2011-12-13 23:12