「ほっ」と。キャンペーン

'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ばれてる

外国人のお客さまがテレビの取材を受ける時に通訳をしました。
「私でいいんですかね、、、」と言ったらテレビの人は、
「僕は聞くのも喋るのも全くできないのでお願いします」、と言われ、
先輩も近くにいなかったので(今思うと経験を積めという先輩の差し金だった気もするが)、
ま、軽いインタビューだし、そんな込み入った話にはならないでしょう、と引き受けました。

3つ目くらいの質問に対してのお客さまの答えを訳して伝えたところ、テレビの人、






「え、今もうちょっと長く話してましたよね、、、」







あ、、、ばれた?






要点は押さえてるはずなのでオッケーじゃないか。

通訳って難しいです。
第一、これとこれと、って複数喋られると最初に言ってた事を忘れちまう。

でも、そのお客さまも、「この施設の印象は?」っていう質問に
「big and nice」
って答えてたんだけど、、、


こっちもけっこーテキトーやんかー!



話は違いますが、最近の飲み会で出る話題は、
私の顔がテカッている、ということです。

そして昨夜は東京からのお客さまに同僚が、
「この人はトンガのカネゴンと呼ばれていて、実はトンガ生まれなんですよ。とにかく全ての基準がトンガなんです。」
と一生懸命説明していました。
確かに最近、周りの人がトンガを認知してきたことをいい事に、
「トンガでは○○ですよ」と言うことが多くなってきたような。



今日はまたチャリでこけ、ハト胸を強打しました。

くるっくー
[PR]

by gon-puaka | 2011-10-29 22:21

仕事って

落ち込んだ時は、昔なじみの友達と話をしてみる。

今の仕事はすごく楽しくて、この仕事をしていることを幸運に思っているけど、
やっぱり美術ってすごく狭い世界でもあり、そこに浸かってしまうと傲慢になったり独りよがりになったりしてしまうと思ったり。

最近仕事って、自分がやりたいことをやるための単なる手段だなって思う。
仕事の作業そのものよりも、仕事を通じてどう社会や人と関わって、何を伝えたいのか、ということが重要なんじゃないかと思う。

私は美術の生粋の専門家である先輩達には足元にも及ばないほど知識も経験も足りなくて、
そこは勉強し続けなきゃいけないところと思っているけど、
正直、アートなんてどうでもいいわ、って思ったりもする。
でもやっぱり、ステキな作品や作家に出会うと、こんなに面白いものもっと色んな人に知ってほしい!とも思う。

私は多分、人が一生懸命暮らしている事そのもの、毎日の生活の中で感じる小さな感情とか、たまに起こるドラマとか、そういうものに興味があるんじゃないかと思う。
それで、芸術はそういう暮らしの延長、もしくはその中にあると思う。
だから、今の仕事を通じて、地球のどこで暮らしていても人はそんなに変わらなくて、人間の暮らしとか、生きていることってそんなに悪くないよね、っていうことを言いたいんじゃないかと思う。
よく分からないけどね。
そう言いたいのは多分自分がそう思いたいっていうのもある。
フリーターやってみたり、秋田で働いてみたり、協力隊行ってみたり、そういう美術の仕事とは関係ない経験がある私だから見えること、出来る事があると思う。

そこらへんが多分自分の核なんじゃないかと。
で、毎日目の前の仕事をこなしていると、そこら辺がぼやけてしまったり、勉強不足で自己嫌悪になったりするけど、
たまに昔なじみの友達と話すと、みんなそれぞれ一生懸命色んなことをしていて、
私の原点はそこなんだな、って思い出すことが出来る。

で、友人の話。
そんな風には全然見えないちゃらちゃらした奴のくせに、
ちゃっかり被災地支援してたりする。
大げさな支援してます風ではなく、好きな仕事の延長で。

私もがんばろっと。
[PR]

by gon-puaka | 2011-10-25 22:52

やっぱりバタバタ

昨日展覧会がオープンしました。
今回もやっぱり前夜まで配布資料作りが終わらないというギリギリガールズ。
オープン初日はイベントがあるから1日あちこち走り回ってるし。

展覧会オープンっていつもこんなもんなのね、と3回目にして理解しました。
こんなもんと分かれば忙しさも覚悟が出来るのでいいのです。

展覧会担当の同僚はオープンしたらちょっと肩の荷が下りますが、
私はワークショップ担当なのでこれからが本番です。

今回は鑑賞ツアーが面白いことできそうかも、と思ってます。


ところで、前回の展覧会終了間際の飲み会の帰り、自転車でこけてヒザを結構な規模で擦りむいたのですが、まだ傷が完治しません。
前回の展覧会終了は9月18日。
もう1ヶ月以上経ちますがな、、、
年取るってやあねえ。
[PR]

by gon-puaka | 2011-10-24 22:24

プロ

只今仕事ではチラシ作りが佳境!
担当している企画の告知チラシを作っているのです。

デザインはプロのデザイナーさんにお願いしているのですが、
すごくステキなデザインが上がってきました!
前も書いたけど、やっぱりデザイナーってすごい!
私のぐだぐだな説明になってるんだかなってないんだかよく分からない情報を整理して、
チラシに使う写真や説明から企画の特徴をとらえて、デザインとして落とし込んでいく術がすごい。
ついでにそのデザイナーさん自身も同年代の女性ですごくステキな人なのです。

ということで、今色んなチラシが目についてしょうがない。
特に紙の種類ね。
表面がピカピカしてたり、紙の厚さだったり、一言でチラシと言っても色々なのです。
なぜ、どういう意図でこの紙を使っているのか、担当者に聞いてみたいチラシがたくさんあります。

さて、次の展覧会まであと1週間。
何か色々たまってきてるぞ、、、やばし。
がんばろー!
[PR]

by gon-puaka | 2011-10-16 20:45

いつまでたっても

勤務先には先月末からルーマニア人のお客様が滞在中。
で、今日からはフィリピンからのお客様が仲間入り。
これから少なくとも2月末くらいまではずっと誰かしら海外からの人がいる予定。

で、久々に日常的に英語を使う毎日です。
で、いつまでたっても英語がうまくならない自分にうんざり。
あーあ。
帰国後の半年結構みっちり勉強したはずなのになあああああ。
もうちょいスラスラ喋れてもいいはずなのになああああ。

で、周りの人々が普通に英語喋れるのにもびっくり。
同僚はもちろん、日本人のお客様も。

日本人が英語喋れないなんて嘘だー
とここにいたら思う。

この生活続けたらちょっとづつうまくなるんかなー。

ちなみにフィリピンのお客様は、私も去年お世話になりまくったJENESYSプログラムの参加者として来ました。
前回私は参加者だったけど、今回は受け入れ元として関わる事になりました。
こういう形で恩返しできることはすごく嬉しいことです。
ほんと、何か人生思いがけず色んなところでつながってくるなあ。
[PR]

by gon-puaka | 2011-10-12 23:03