'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


鋭い考察

学童にて、小3女子と

「せんせー彼氏いるの?」

「いるよー」

「えーほんとー?」

「ほんとだよー5人いるよー」

「えーうそでしょ?」

「ほんとだよー」

「えーほんとー?じゃあ名前言ってみて」

「えーとー、きむら君とーかとり君とーなかい君とーくさなぎ君とーいながき君」

「ていうかさー、それスマップの人じゃん。





そんなさー、スマップの名前とか言っててむなしくない?」





小3と言えども女子は女子。
切れ味鋭いぜ。
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-28 23:37

フィリピンでお遊び その4

ブラブラ歩くっつっても、マニラですよ。
南国ですよ。
日差しが強いってもんじゃないですよ。
3分も歩けばジワジワ汗が吹き出ますよ。

ということで、何度かお世話になったのはジプニー。
庶民の足。
7ペソ(約14円)で10~20分位は乗れる。
料金は行き先によって決まります。
どこでも乗り降りできる路線バスみたいなもんです。
基本窓オープンで、排気ガスは気になるもののエアコン嫌いの私は嬉しい。
ジプニーのドライバーのおっちゃんはみんな親切で、外国人の私に降りる所を教えてくれました。
写真小さいけど
c0168186_17493412.jpg

後ろから乗り降りします
c0168186_1750221.jpg

中はこんな
c0168186_17502832.jpg


あとは、メトロマニラは高架鉄道が要所要所走ってるので、それに乗れば結構どこでも行ける。
これは3つ路線があって、一つの路線端から端まで乗っても20分くらいで15ペソ(約30円)
こんな
c0168186_17513581.jpg

で、某国の援助が、、、
c0168186_1752136.jpg



そして次の日。
この日は一人でINTRAMUROS(イントラムロス?発音忘れた)に行きました。
ここは、スペインに統治されていた時代の街並みが残っている、城塞に囲まれた街です。
一歩街に足を踏み入れると、マニラの街並みとはガラっと変わって、ヨーロッパの香り。
c0168186_1753985.jpg

道路も石畳。
脇道に入るとフィリピンぽさの方が強かったけど、、、
馬車も普通に走ってました。
c0168186_175343100.jpg

お土産物屋をひやかしつつ向かったのは世界遺産のサンアウガスティン教会。
すると、何やら着飾った人々、、、
c0168186_17541310.jpg

結婚式!

ラッキー!!

20分ほど待つと花嫁を乗せた車が登場。
c0168186_17545723.jpg


最初のうちは遠くから見ていたものの、どんどん近くへ、、、
c0168186_17553223.jpg

どんどん近くへ、、、
c0168186_1757559.jpg

ブライズメイド達
c0168186_17583632.jpg

結局会場にお邪魔し、式に丸々参加し、最後のフラワーシャワーまで見届けました。

c0168186_17594227.jpg

お嫁さん綺麗な人です。
おめでとうございます!


その後は近くの公園をブラブラ。
c0168186_18039100.jpg

トーマス?ねえこれ、トーマス!?
なんかこわいよー!
c0168186_1812054.jpg

 
夜はアジア最大というショッピングモールを見学。

で、次の日の昼に帰国の途に付きました。



正直、行く前はフィリピンって海以外見所あるのかな~と思ってたけど、
行ってみたら楽しいことが満載だった!
やっぱりどんな街にも物語がある。
そこに行かなきゃ見れない、感じられないものがあるのだ。
だから旅はやめられないのね~
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-26 18:04

フィリピンでお遊び その3

山登りで疲労困憊した甲斐あって、その日のバスの中も何度か目を覚ましただけで快適に過ごしました。

そして、マニラ着は午前5時。
早いよ!
朝日が眩しいよ!

で、朝食はフィリピンの国民食と言われるJollibee(ジョリービー)。
国民食、、、ファーストフードチェーン店やんか~。
フィリピン人はこのジョリービーとチャオキンという中華系ファーストフード店が大好きだそうで。
でも、一人で街をぶらぶらしてる時にフィリピン人に、「フィリピン料理屋ない?」って聞いたら、「あっちにジョリービーがあるよ」と教えてくれたりしたので、やっぱり国民食かも、、、
ジョリービーのお店の前。
c0168186_1710153.jpg

で、早朝に開いてるお店もそうそうないので、朝からチキン。
白い紙にくるまれたのはハンバーガーではなくライスです!
c0168186_17105746.jpg


その後Nのドミトリーで少し休憩した後、昼頃から活動再開。
Nと分かれて私はメトロポリタンミュージアムへ。
c0168186_17115861.jpg

キュビズムの影響を受けまくっているフィリピン人アーティストの企画展をやってました。
ここで驚いたのは、目の不自由な人の為に手で触って絵が分かるように、触る専用の凹凸が付いた板が本物の絵の前に置かれていたこと。
日本でも見たこと無かったけど、フィリピンで初めて見ました。

館内は私と学生らしい団体のみで静か、しかも2階は次回の企画展の準備中、だけど階段登っていくと準備の様子が見れちゃう、しかも職員座っておしゃべり中というなんとも南国らしいゆる~い感じ。


その後、ブラブラ歩きながらNとの待ち合わせの最寄り駅まで。
途中、こんなん買いました。
剥いてあるマンゴー4個で15ペソ(30円)
マンゴーは道端だとキロ60ペソとかで売ってました。
c0168186_17123924.jpg


揚げバナナ
表面にカラメルがかかってて、甘くてねっとりしてウマイ!
春巻きの皮の中にバナナが入ってて同じくカラメルがかかってるのもあって、そちらは外側がカリカリしてさらにウマイ!
c0168186_17132818.jpg

c0168186_17135424.jpg


更に同じ味のお団子にも出会いました。
フィリピンスイーツの定番の味なのかも。
写真右のキャッサバケーキもうまかったです。
c0168186_17144129.jpg


そしてそして、フィリピンと言えば!ハロハロ!
地元民Nのおすすめにより、チェーン店のチャオキンで食べました。
c0168186_17153030.jpg

[PR]

by gon-puaka | 2010-06-26 17:16

フィリピンでお遊び その2

バス停留所近くのすぐ隣をたまたま通りかかった所、なにやら人が集まっている。
そして横たわるは、、、

牛。


なんだなんだと近くに寄っていくと、今まさに牛の解体が始まるところでした!

その家の両親が結婚50周年の金婚式で、お祝いに海外に住む家族が大集合してパーティーをするための準備をしていたのです。
で、そのために牛。
私達が通る直前に絞めたらしく、まさにナイスタイミング!
牛の皮を剥いで、内臓を取り出して、肉を切り分け骨を切り、最後は1枚残った皮をたたんで持って行く所まで一部始終全部見学する事が出来ました!
いや~、職人技よ、あれ!
ちゃんと皮が大きな1枚になるように剥がしていって、背骨に沿って肋骨を切ったり。
そして牛の胃はでかい。
写真を載せるのははさすがに自粛します、、、
代わりに牛の足で遊ぶボーズの写真をどうぞ。
c0168186_1765321.jpg


牛の解体って半日仕事かと思ってたら、男集3~4人ほどで30~40分くらいでさっさと終わらせてました。
で、牛ここら辺で見ないけどどうやって入手したのか聞いたところ、山の向こうから買ってきた、とのことでした。
ついでに、いくら?と聞いたら2万5千ペソ(約5万円)
安っ!と思ったけど、ちょっと待てよ?
マニラの大卒の給料が約4万円位という話を聞いたことがあるので、それを考えるとかなりの出費です。
家も大きかったし、子供達もハワイ、カナダ、アメリカに移住してるし、地元の名士かと。
その日の夜、次の日とパーティーをやるので、あんたらも参加しなよ!と誘ってもらったけど!
うちらは今夜マニラに帰るんだよ~~(泣)!!
非常に後ろ髪を引かれながら午後8時のバスに乗ってバナウエを離れたのでした、、、
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-26 17:08

フィリピンでお遊び その1

で、JENESYSのお勉強期間を経て、ある意味こっちがメインのフィリピン観光!

1、夜行バスで棚田
2、美術館、市場、ショッピングモール
3、古きよき街並みと教会

という日程でございました。


1、夜行バスで棚田
フィリピンと言えばセブ島を初めとした海!なイメージですが、海には目もくれず向かったのは山!
旅のお供は現在フィリピンで学生をしているJENESYSの友人Nとその同級生H。
目的地は世界遺産に登録されている棚田があるバナウエという街です。
バナウエは首都マニラがあるルソン島の中部に位置する街で、交通手段はバスのみ!
所要時間8~10時間!
ということで、選択の余地なく夜行バスに揺られて行く事に、、、

しかし意外や意外、前日までのJENESYSのハードスケジュールによる過労のため、バスの中では超ぐっすり寝れました。
今までのバスの旅で一番よく眠れた、、、

こちら、お世話になったフロリダバス。
トイレ、エアコン付き、片道450ペソ(約900円)安っ!
c0168186_22213938.jpg


夜中の11時にマニラを出発し、翌朝8時にバナウエ着。
バナウエは山の中の街で、排気ガスだらけのマニラに比べて空気がとてもきれいです。
バスからの景色
c0168186_222236.jpg

街の様子
c0168186_2223526.jpg


到着後とりあえずメシじゃ~
ということで、適当にカフェへ。
窓からもうこんな景色が見える!
c0168186_22222191.jpg


腹を満たして、いざ観光案内所へ。
私達は一番綺麗に景色が見れる展望台へ歩いて行く予定にしていたのですが、
案内所で話を聞くと、そこから棚田の中に入っていって3時間ほどハイキングをするコースがあるとのこと。
「そんなにきつくないよ」という案内所のお兄ちゃんの言葉を信じてそっちに挑戦することにしました。
これがこの日のド根性棚田物語の始まりとなることはこの時知る由も無い、、、


展望台まではサイドカーで向かいます。
所要時間10分位。
展望台から
c0168186_22363326.jpg

c0168186_223224100.jpg

展望台周りの様子。
の~んびりしていてこども達がかわいい。
c0168186_2224289.jpg

c0168186_22244283.jpg

c0168186_22245578.jpg


展望台には民族衣装を着たおばちゃんが、記念撮影サービスの為にスタンバイしています。
暑いのにご苦労様です。
c0168186_22252835.jpg

展望台は標高4800mだそうです!
高い!知らなかった!

ハイキングは展望台からどんどんどんどん降りるところから始まりました。
c0168186_22264112.jpg

お気づきの人もいるかと思いますが、この棚田、見ての通り山の斜面にあります。
すなわち、棚田の中を歩くということは、山を登ったり降りたりしなければならないのです、、、

予想外にきつい斜面に階段、しかも登山を想定しない底の薄いスニーカー、更にはストレッチの効かないジーンズ、と動きづらいのなんのって!

山の上にある家から一気に下ったところ
c0168186_22283727.jpg

田んぼに水を引くための灌漑。
c0168186_22294813.jpg

とりあえず1個目のピーク到達。
日差しは強いんだけど、湿気は少なくて風がすごく気持ちいい!
c0168186_2230667.jpg

植える人発見!
c0168186_22302518.jpg

棚田の中には小さいながら村もあります。
人が住んでます。
イコール、学校も買出しもみーんな同じように細ーくてきつい山の斜面を上り下りを経て行かなきゃならないってことです!
これは大変なことだ!


さっきはあっち側からこっち側の棚田を見てたのだ。
c0168186_22311124.jpg

この後、地面を手でつかみながらじゃなきゃ登れないほどのキツイ斜面をよじ登り、ヨレヨレに、、、
標高4600mじゃあ、息も切れるっつうの。

街が見えてきた
c0168186_22313717.jpg

稲が実ってる田んぼ発見!
c0168186_2232231.jpg

中を開けるとお米!(当然か)
c0168186_22324519.jpg

立ってる旗は鳥よけです。
c0168186_22331113.jpg

なんかさー、お米が実ってる風景って幸せな気分になるよね。

この棚田は農薬を使っていないのでオーガニック米が取れるのですが、
虫はつかないの?と聞いたら、標高が高くて害虫は来ない、鳥には気を使うけど、という話でした。


そんなこんなで4時間経過。
息も絶え絶えやっと街にたどり着きました。


最近群馬と静岡に行った時にも思ったのだけど、やっぱり私の原風景は田んぼなんだなあ。
群馬は田んぼではなくて畑ばっかりだったし、静岡は茶畑ばっかり。
米どころ出身の米俵娘は、広ーい平野に田んぼが広がる風景が一番綺麗に感じる。
ということに、2種類の違う農風景を見たことで気付いたんだけど、
この棚田でまたその感覚を強くした。


さて、その後ゆっくりランチを取って、あとはゆっくり休もう、疲れた、、、
と一日が終わるはずが、その後超レアな出来事に遭遇!
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-24 22:37

フィリピンでお勉強

たったの10日で日本は梅雨ど真ん中、ワールドカップ大盛り上がり、
挙句の果てには旅行中に2人の友人が出産と、
10日って意外と長いんだな~としみじみしている今日この頃。
ワールドカップからは完全に取り残されてます。


さて、10日間のフィリピン旅行でしたが、前半はJENESYS、後半は観光でした。

JENESYSは5年間のプログラムで今3年目なんですが、今回は、私が参加した次世代リーダープログラムの今までの参加者間のネットワークを再構築する事を目的に行われた中間報告会のようなものでした。
内容は、コミュニティーネットワーク構築の手法やリーダーシップについての講義やワークショップを2日間、NGO訪問のフィールドトリップが2日間。
今まで8回行われたJENESYS次世代リーダープログラムには300人近い参加者がいるそうですが、今回の参加者は10カ国から26名でした。

で、私が3月に参加したグループからの参加者は6名!
たった3ヶ月前だから懐かしいとも言えないメンバーと再会。
懐かしくは無いけれど、再会したらやっぱりとても嬉しい気持ちになりました。

こちらはインド人のシマー。
c0168186_21132593.jpg

かばんに注目。
c0168186_21134978.jpg

これはっ!日本のお守り!しかも一休さんに縁結び!?
彼女は弁護士ですが、仕事で裁判所に行くと、このお守りを見て他の人が「お前は自分の緑茶ティーバッグを持ってくるのか!」と言うそうです。

ワークショップの様子
c0168186_21144156.jpg


フィールドトリップ
レンガを運んで道路を作るボランティアを体験したりしました。
c0168186_21152148.jpg


実はJENESYS中は他の人が撮ってるからいいや~という気分で写真があまり無い。


最終日には話が盛り上がり、新しいプロジェクトが始まりそうな予感。
また決まったらお知らせしまーす。
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-24 21:20

たらいま~

マブハイ!!

えーと、フィリピンに行ってました。
久々の東南アジア、ねっとり暑い空気、排気ガス、日焼け、マンゴー、山登り、牛の解体、結婚式、友人との再会、新しい出会い、始めの一歩。今回も充実したいい旅でした。

前半は3月のJENESYS繋がりのスタディーツアー、後半はプライベートの観光。

とりあえず詳細はまた後程~
c0168186_2316301.jpg

[PR]

by gon-puaka | 2010-06-22 23:19

頂きました

さて、先週末、向かったのはここ。
c0168186_23243373.jpg


ん?

これ分かる人いるんかな~
いるんやろな~


静岡県清水市であります。

清水と言えばちびまるこちゃん、、、
ではなく清水エスパルスな訳なのです!

清水駅を降りたらオレンジのユニフォームを着た人がいっぱい!
駅に着くまでしっかり失念していた、、、
めちゃくちゃお膝元じゃあないか!
しかも当日は静岡ダービー、清水エスパルスとジュビロ磐田の試合が行われていて、清水市民が最も熱くなる日だったんです!


と、散々エスパルスネタを盛り上げましたが、、、、


が、、、

エスパルスは置いといて。

私が向かったのはこんな
c0168186_23252893.jpg

こんな
c0168186_23262384.jpg

こんなとこ!!!
c0168186_23255820.jpg

野外フェス初参戦!!
「頂」@清水市 に行ってまいりました~~~!!!

祭りのお供は、トンガ隊チームマウファンガの静岡人、I氏であります。
久々のご登場。
サマソニの話してたはずが、なぜか静岡くんだりまで行くハメに、、、



いやいやいやいやそれにしても。

野外、イイ!!

気持ちイイ~~!!

11時頃到着し、とりあえずご飯!ってことでカレーやらフィッシュアンドチップスやらさーたーあんだぎーやら買い込んで、
もちろん欠かせないでしょ!のビールゥ~!

地面は芝生で即裸足。

人がそんなに多くなかったので、ちょっと脇のほうに寄ると、広々と自分らのスペースが確保出来るのです。
音楽聴きながらビール、ご飯、芝生、裸足、満腹になったら昼寝、天気も暑過ぎず、もう気持ちイイのなんのって!
ステージ前までずっと芝生だから裸足で歩きまわれたし!
マイナーなフェスだからこそのこじんまりさで居心地よかったー
フェス初心者にはちょうど良かった。


そんでさ~、会場にいる人々、森ガール、レギンス男子の多いこと多いこと!
多いっていうか女子はほぼ全員森系。
ま、私もロンスカにレギンスという格好だったので人のことは言えないが、、、
でも私のはトンガ仕込みですから、、、(スカートはフィジーで購入)

森ガール、本当に森にいた。



セットリストはこんな感じ。
c0168186_23273442.jpg

出演者はそんなによく知ってる人はいなかったけど、レゲエが多かった。
そんな中!
私には超本命の人がいたのです!


spinna b-ill !!!

これはねー、2007年の年末年始トンガで鬼のように聞いてたのですが、
同じトンガ隊の友人にCD貸してもらって以来ものすご~~い好きで、当時1日30回位聞いてた。
でも素性は良く知らず(顔さえ知らんかった)解散したらしいよ、と聞いていたのだけど、
バンドは解散したけど今は個人でやってるそうで。

そんなspinna b-illのライブは知ってる曲が一曲もなかったけど、やっぱり良かったです。
でも正直トンガで聞いてたもっとこってりレゲエの方が私は好きかも~。

あと、Iのお目当てspecial othersも良かったです。
ボーカルがほとんど入らないバンドです。
ちょっと飽きる曲もあったけど、ライブで聴くには良い!
ライブで聴くのがかっこいいバンドで、家でCD聞いてもつまんないだろうなあと思ったけど、
フェス以来、よくyoutubeで聞いてます。
じんわり効いてきてる感じ。


その後zazen boysの混乱のオープニング1曲だけ聞いて、帰路につきました。
本当は渋さ知らずも見てみたかったし、日が沈んでからはキャンドルの灯りだけでライブをしたりしたらしいんだけど時間切れ。残念。
というかほんとの所、spinna b-illとspecial others以外はほとんどまともに聞いてなかった、、、
羊毛とおはなも見ようと思ってたのにいつの間にか終わってたし、、、
食べすぎ、、、そして寝すぎ、、、
贅沢なピクニックや、、、


そんなこんなの梅雨入り前の初夏の1日、すっご~~い気持ちいい休日でした!

c0168186_23284989.jpg




さて。
そして。

私は旅に出ます。

探さないで下さい。

久々の南国です。


遊びすぎ、、、
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-10 23:43

登る人々

c0168186_21152214.jpg



学校の中庭でおにぎりを食べていたら、ワラワラと学生がやってきて壁に登り始めた。
授業の一環で、クライミングの施設で働いてる学生がワークショップしてたらしい。


見てたら私もやりたくなったので仲間に入れてもらった。


コツをつかめば意外とイケる!!

しかもおもろい!!

そしてハマる!!


最初は2m位の壁、でうまくいったんで何回かやって結局3mちょい位までは登れたかな。
いやー、あんなクライミング出来る人なんてすごい特殊な人かと思ってたら、案外素人でもいけるんですねー。
必要なのは力よりも技みたい。
他にも何人かハマってる学生がチラホラ。
クライミングサークル作る時は入れてもらうことになりました。



この授業は編集デザインという授業で、今は一つテーマを決めてそれの見本帖を作るという課題をやってるそうです。
で、クライミングを指導してた学生は、登れそうな壁の写真を集めるそうです。



私は断然海派!なトンガ人ですが、最近山系アクティビティが増えてますなー。
実はあさっても山、、、

しかし、トンガ人は木登り、崖登りも必須。(ココナツを取りに行かねばならないため)
クライミングも無くてはならない技術なのだー。


ここ4、5年、たまーに自分の中の体育会系な人がひょっこり現れる。

おおーい、どこに隠れてたんだい?
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-04 21:50

新種の鳥発見

c0168186_2128594.jpg




真面目にワークショップのネタを実験中の若者です。
くちばしの先にピンホールが開いてて筒の中に反射して不思議な画像が見えました。
おもしろい!
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-03 21:33