'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2011年 10月 25日 ( 1 )


仕事って

落ち込んだ時は、昔なじみの友達と話をしてみる。

今の仕事はすごく楽しくて、この仕事をしていることを幸運に思っているけど、
やっぱり美術ってすごく狭い世界でもあり、そこに浸かってしまうと傲慢になったり独りよがりになったりしてしまうと思ったり。

最近仕事って、自分がやりたいことをやるための単なる手段だなって思う。
仕事の作業そのものよりも、仕事を通じてどう社会や人と関わって、何を伝えたいのか、ということが重要なんじゃないかと思う。

私は美術の生粋の専門家である先輩達には足元にも及ばないほど知識も経験も足りなくて、
そこは勉強し続けなきゃいけないところと思っているけど、
正直、アートなんてどうでもいいわ、って思ったりもする。
でもやっぱり、ステキな作品や作家に出会うと、こんなに面白いものもっと色んな人に知ってほしい!とも思う。

私は多分、人が一生懸命暮らしている事そのもの、毎日の生活の中で感じる小さな感情とか、たまに起こるドラマとか、そういうものに興味があるんじゃないかと思う。
それで、芸術はそういう暮らしの延長、もしくはその中にあると思う。
だから、今の仕事を通じて、地球のどこで暮らしていても人はそんなに変わらなくて、人間の暮らしとか、生きていることってそんなに悪くないよね、っていうことを言いたいんじゃないかと思う。
よく分からないけどね。
そう言いたいのは多分自分がそう思いたいっていうのもある。
フリーターやってみたり、秋田で働いてみたり、協力隊行ってみたり、そういう美術の仕事とは関係ない経験がある私だから見えること、出来る事があると思う。

そこらへんが多分自分の核なんじゃないかと。
で、毎日目の前の仕事をこなしていると、そこら辺がぼやけてしまったり、勉強不足で自己嫌悪になったりするけど、
たまに昔なじみの友達と話すと、みんなそれぞれ一生懸命色んなことをしていて、
私の原点はそこなんだな、って思い出すことが出来る。

で、友人の話。
そんな風には全然見えないちゃらちゃらした奴のくせに、
ちゃっかり被災地支援してたりする。
大げさな支援してます風ではなく、好きな仕事の延長で。

私もがんばろっと。
[PR]

by gon-puaka | 2011-10-25 22:52