'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2011年 08月 29日 ( 1 )


超急遽登山

それは昨日、仕事が終わって帰宅途中のバスの中。
同僚からのメールに
「明日休みなら岩木山一緒に行く?8時くらいに出発。」

岩木山とは青森で一番高い山で、昨日は旧暦の8月1日に当たり、五穀豊穣を祈願したお祭りが行われていて、岩木山にご来光を見に行くという慣わしがあるそうな。
で、昼間職場で、岩木山に行くのだよ、という話を聞いていて、ふ~ん、気をつけて~、なんて話をしていたら。そして私は本日休み。

誘ってもらっちゃった~

一瞬
う~ん、山、めんどくさいかも、、、しかも2時間後出発って、、、
と思ったものの、来年以降行けるとも限らないし、天気もいいし、こんなチャンスはめったに無い!と思い直し、
ダッシュで帰って登山用になりそうな洋服を見つけ出し、ジャスコで懐中電灯と軍手を調達、ネットでざっくり岩木山ご来光についての情報収集。

午後8時半頃出発。

ええ、ご来光ですから。
日の出ですから。
夜中の山登りですよ。

みんなで晩御飯を食べてから青森市から車で1時間位の所にある岩木山へ。
麓にある岩木山神社では、太鼓、笛、シンバルみたいな楽器で祭囃子が演奏されていました。
c0168186_2048222.jpg


神社にお参りして、お払いをしてもらってから合流したもう一つのグループの人が取っていてくれた旅館へ移動。
この時点で午後11時。
山への出発が1時半だったので、すぐに仮眠を取りました。


そして真夜中。
午前1時半に予定通り旅館を出発。
この時点でかなり寒かったです。
ネットの情報では、「山頂は5~7度位に気温が下がるので、充分に温かい格好をしてきてください」と書いてあったので、
それなりに防寒はしてきたつもりだったのだけど、一緒に行く人に
「死ぬよ、、、」
と言われ、薄手のダウンジャケットやレッグウォーマーなどを借りました。
結局それらが大活躍で、死なずにすみました。
ま、登山を決めたのが家を出る2時間前ですから、、、
そんな準備できませんよ、、、

登山と言っても、8合目までは車で、それから9合目まではリフトで。
これが、車から見えた星空と、リフトから見えた星空がむっちゃくちゃ綺麗で!
日本で始めてあんなに星がたくさんある夜空を見た。
天の川も見えた!

そこから頂上までは足で。
ご来光目当ての人々がたくさんいて、渋滞が起きるほどでした。
でも、あれだけ人がいたら絶対遭難はしないな、と思って安心だったりして。
上のほうから見ると、登山者のヘッドライトが蛍みたいできれいでした。
私は当然普通のスニーカーで行ったのですが、予想以上に岩場が険しくて必死。
登山開始から1時間位、4時15分頃山頂へ到着。
ちなみに今朝の日の出は5時丁度。1時間弱、山頂でじっと太陽を待ちました。
前情報通り、山頂は風が強くて、体を動かしてかいた汗が急激に冷えて寒かった。
ホッカイロも大活躍。

夜明け前。街の夜景がすごい綺麗に見えた!
c0168186_20494047.jpg


そして日の出。
すごいスピードで太陽が昇ってきました。
色もどんどん変わって。
ピカピカにいい天気の日で、完璧なご来光。
c0168186_2155470.jpg


ご来光の瞬間は、「バンザーイ」という声が聞こえたり、麓のお祭りで演奏していた祭囃子が聞こえたり。
地元の人は、笛持参で登ってきていて、山頂で演奏していました。
あと、旗を持った人や、松明、法螺貝を持った人もいました。
c0168186_20514784.jpg


これは太陽の光を受けた岩木山の影。
こんなにきれいにくっきり山の影が出るんだなあ!
c0168186_20523072.jpg


ある程度明るくなったら下山。
登りは真っ暗で見えなかった周りがはっきり見えて、こんな急な山道を登ってきたのか、、とビックリ(そしてうんざり)。
登山は登りより下りの方がキツイですよね。
ヒザがくがくさせながら帰ってきました。

これは帰りのリフト。
c0168186_205312.jpg


リフトから降りたのが6時半。
一仕事終えて、全員一気に眠気に襲われながら車で下山、行く前に仮眠を取った旅館へ。
そこで温泉につかり、また少し仮眠。
これがまた幸せ感満載。
それから帰り道に青森名物甘~いとうもろこし「嶽きみ」を食べ、ご飯、うまいコーヒー屋と寄り道して、寝不足でフラフラになりながら盛りだくさんな1日。


それにしても、ほんとラッキー。
自然が相手だから、今日みたいに綺麗に日の出が見えるとも限らないし。
地元の人にも、こんなに綺麗に見れてラッキーだね、と言われました。
それに今日仕事が休みでなければ行けなかったし。
青森市から一緒に行ったメンバーは、馴染みのある同僚と仕事関係者、年齢も近くて、道中も楽しかった。
三十路のいい大人が4人集まってしりとりとか、、、
車の中でくだらない話やらそうでない話やら、色々みんなで話すのはいつも楽しいです。
飲み会ともまた違う。
狭い空間の親密さとか、みんなが同じ方向を向いているという感覚の共有みたいなものとかのせいかしら?


これが今年の夏の最後のイベントかな。
っていうか8月はほんと青森の夏を満喫したなあ~。
遊びすぎ、、、?

明日から怒涛の10連勤です。
今日は早く寝よう、、、
[PR]

by gon-puaka | 2011-08-29 21:02