'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2010年 06月 24日 ( 2 )


フィリピンでお遊び その1

で、JENESYSのお勉強期間を経て、ある意味こっちがメインのフィリピン観光!

1、夜行バスで棚田
2、美術館、市場、ショッピングモール
3、古きよき街並みと教会

という日程でございました。


1、夜行バスで棚田
フィリピンと言えばセブ島を初めとした海!なイメージですが、海には目もくれず向かったのは山!
旅のお供は現在フィリピンで学生をしているJENESYSの友人Nとその同級生H。
目的地は世界遺産に登録されている棚田があるバナウエという街です。
バナウエは首都マニラがあるルソン島の中部に位置する街で、交通手段はバスのみ!
所要時間8~10時間!
ということで、選択の余地なく夜行バスに揺られて行く事に、、、

しかし意外や意外、前日までのJENESYSのハードスケジュールによる過労のため、バスの中では超ぐっすり寝れました。
今までのバスの旅で一番よく眠れた、、、

こちら、お世話になったフロリダバス。
トイレ、エアコン付き、片道450ペソ(約900円)安っ!
c0168186_22213938.jpg


夜中の11時にマニラを出発し、翌朝8時にバナウエ着。
バナウエは山の中の街で、排気ガスだらけのマニラに比べて空気がとてもきれいです。
バスからの景色
c0168186_222236.jpg

街の様子
c0168186_2223526.jpg


到着後とりあえずメシじゃ~
ということで、適当にカフェへ。
窓からもうこんな景色が見える!
c0168186_22222191.jpg


腹を満たして、いざ観光案内所へ。
私達は一番綺麗に景色が見れる展望台へ歩いて行く予定にしていたのですが、
案内所で話を聞くと、そこから棚田の中に入っていって3時間ほどハイキングをするコースがあるとのこと。
「そんなにきつくないよ」という案内所のお兄ちゃんの言葉を信じてそっちに挑戦することにしました。
これがこの日のド根性棚田物語の始まりとなることはこの時知る由も無い、、、


展望台まではサイドカーで向かいます。
所要時間10分位。
展望台から
c0168186_22363326.jpg

c0168186_223224100.jpg

展望台周りの様子。
の~んびりしていてこども達がかわいい。
c0168186_2224289.jpg

c0168186_22244283.jpg

c0168186_22245578.jpg


展望台には民族衣装を着たおばちゃんが、記念撮影サービスの為にスタンバイしています。
暑いのにご苦労様です。
c0168186_22252835.jpg

展望台は標高4800mだそうです!
高い!知らなかった!

ハイキングは展望台からどんどんどんどん降りるところから始まりました。
c0168186_22264112.jpg

お気づきの人もいるかと思いますが、この棚田、見ての通り山の斜面にあります。
すなわち、棚田の中を歩くということは、山を登ったり降りたりしなければならないのです、、、

予想外にきつい斜面に階段、しかも登山を想定しない底の薄いスニーカー、更にはストレッチの効かないジーンズ、と動きづらいのなんのって!

山の上にある家から一気に下ったところ
c0168186_22283727.jpg

田んぼに水を引くための灌漑。
c0168186_22294813.jpg

とりあえず1個目のピーク到達。
日差しは強いんだけど、湿気は少なくて風がすごく気持ちいい!
c0168186_2230667.jpg

植える人発見!
c0168186_22302518.jpg

棚田の中には小さいながら村もあります。
人が住んでます。
イコール、学校も買出しもみーんな同じように細ーくてきつい山の斜面を上り下りを経て行かなきゃならないってことです!
これは大変なことだ!


さっきはあっち側からこっち側の棚田を見てたのだ。
c0168186_22311124.jpg

この後、地面を手でつかみながらじゃなきゃ登れないほどのキツイ斜面をよじ登り、ヨレヨレに、、、
標高4600mじゃあ、息も切れるっつうの。

街が見えてきた
c0168186_22313717.jpg

稲が実ってる田んぼ発見!
c0168186_2232231.jpg

中を開けるとお米!(当然か)
c0168186_22324519.jpg

立ってる旗は鳥よけです。
c0168186_22331113.jpg

なんかさー、お米が実ってる風景って幸せな気分になるよね。

この棚田は農薬を使っていないのでオーガニック米が取れるのですが、
虫はつかないの?と聞いたら、標高が高くて害虫は来ない、鳥には気を使うけど、という話でした。


そんなこんなで4時間経過。
息も絶え絶えやっと街にたどり着きました。


最近群馬と静岡に行った時にも思ったのだけど、やっぱり私の原風景は田んぼなんだなあ。
群馬は田んぼではなくて畑ばっかりだったし、静岡は茶畑ばっかり。
米どころ出身の米俵娘は、広ーい平野に田んぼが広がる風景が一番綺麗に感じる。
ということに、2種類の違う農風景を見たことで気付いたんだけど、
この棚田でまたその感覚を強くした。


さて、その後ゆっくりランチを取って、あとはゆっくり休もう、疲れた、、、
と一日が終わるはずが、その後超レアな出来事に遭遇!
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-24 22:37

フィリピンでお勉強

たったの10日で日本は梅雨ど真ん中、ワールドカップ大盛り上がり、
挙句の果てには旅行中に2人の友人が出産と、
10日って意外と長いんだな~としみじみしている今日この頃。
ワールドカップからは完全に取り残されてます。


さて、10日間のフィリピン旅行でしたが、前半はJENESYS、後半は観光でした。

JENESYSは5年間のプログラムで今3年目なんですが、今回は、私が参加した次世代リーダープログラムの今までの参加者間のネットワークを再構築する事を目的に行われた中間報告会のようなものでした。
内容は、コミュニティーネットワーク構築の手法やリーダーシップについての講義やワークショップを2日間、NGO訪問のフィールドトリップが2日間。
今まで8回行われたJENESYS次世代リーダープログラムには300人近い参加者がいるそうですが、今回の参加者は10カ国から26名でした。

で、私が3月に参加したグループからの参加者は6名!
たった3ヶ月前だから懐かしいとも言えないメンバーと再会。
懐かしくは無いけれど、再会したらやっぱりとても嬉しい気持ちになりました。

こちらはインド人のシマー。
c0168186_21132593.jpg

かばんに注目。
c0168186_21134978.jpg

これはっ!日本のお守り!しかも一休さんに縁結び!?
彼女は弁護士ですが、仕事で裁判所に行くと、このお守りを見て他の人が「お前は自分の緑茶ティーバッグを持ってくるのか!」と言うそうです。

ワークショップの様子
c0168186_21144156.jpg


フィールドトリップ
レンガを運んで道路を作るボランティアを体験したりしました。
c0168186_21152148.jpg


実はJENESYS中は他の人が撮ってるからいいや~という気分で写真があまり無い。


最終日には話が盛り上がり、新しいプロジェクトが始まりそうな予感。
また決まったらお知らせしまーす。
[PR]

by gon-puaka | 2010-06-24 21:20