'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

トルコの(食べ)歩き方 その4

2010年1月1日 元旦

6:30起床で初日の出を待つ。
空の色がだんだん変わっていくのは綺麗だけど太陽は全然見えず、散歩へ出発。
15分位高いところを目指して歩いているうちに山の上の方へ上がってきて、開けた所に出ました。
c0168186_1955032.jpg

そこには日本人や韓国人ばかり先客が15人くらいいて、みんな初日の出目当てで登って来た人達でした。
そこからは、ギョレメの町と平野にキノコ岩が並んでるのが一望できて、しかもそこに気球が何個も上がっててめちゃくちゃ綺麗!!

カッパドキアでは、気球に乗ってカッパドキアを眺めるツアーがあります。
私達もせっかく元旦にカッパドキアにいるんだから、気球に乗ろう!と予定していたのですが、
気球ツアーは安くても100ユーロ以上。
う~ん!
高い!
ということで、取りやめにしていました。

でも、こっちの山に来て大正解!
カッパドキアの岩をバックに気球が上がる景色は映画みたいな不思議な綺麗さでした。
c0168186_1925857.jpg



ホテルに戻ってトルコ式朝食を食べた後にカッパドキア1dayツアーに出発。
約20人のメンバーのうち、半分がアジア系で中国、韓国、日本人は私達と見たところアラフォーの夫婦が一組。
このご夫婦もおもろい。
奥さんに「どこ経由で来たんですか?」と聞いたら
「ナンアから」
ナンア?
ってえ~、、、
南アフリカ!
ってえ~ことは、、、

世界一周中でした!
去年の6月に日本を出発し1年の予定だそうで。
いいなあ~!そんな夫婦!
しかも奥さんは仕事退職じゃなくて休職中だそうです!
いいなあ~!その会社!
あ、もちろん旅に出てることは言ってないそうですが、、、
旅のペースがちょうどアースマラソン中の寛平ちゃんと同じらしいです。
確かにそのころ寛平ちゃんもトルコにいた。

あと、カナダ人カップルで奥さん妊娠中という人もいました。
腹がすごく出ていて、他人事ながら旅行大丈夫なのか心配になりました。

ツアーはまずウチヒサルというカッパドキアを一望できる丘へ。
ここは何となく秋田の入道崎を思い出しました。

それから地下都市のDerinkuyuというところへ。
ここすごかった。
昔人が暮らしていた地下の洞窟なんだけど、中にはミーティングホールとか、教会、ミッショナリースクール、
あと敵が来たときに槍を刺す穴とか、空気穴もちゃんと開いていて考えられてました。
場所によってはすごく狭くて天井も低い階段になってて、中腰で階段登るのは足腰がキツイ。
しかも通路はぐねぐねで枝分かれしていて一人だと絶対迷う。
他のツアーも何組か来ててコミコミでした。

次はウフララバレー。
ここは谷間の川沿いを3キロほど歩きました。
この頃から大分気温が上がってきて、風が暖かく感じるほどでした。

運動の後はランチ、その後Selimeというカッパドキアの岩に登れるところに行きました。
ここもすごくよかった。
空がすごく青くて綺麗で、ベージュの岩が映える。
高台だから景色がよくて気持ちいい。
穴に入って色々写真撮って楽しみました。
c0168186_1941350.jpg

c0168186_1945877.jpg


それから1時間ほどかけてギョレメに戻り、最後宝石屋に案内されて5:30に終了。
一人50リラのツアー、自力で回るよりも良いと思いました!
かわいいガイドさんには、私は日本人だけど、妹は韓国人みたい、と言われました。
どう違うんだ。

晩御飯にはまたまたワイン。
粘土の壷で煮込んだ野菜と肉、トルコ風ピザ、レッドビーンズサラダ、茄子のサラダ。
パンがナンみたいでおいしくてお持ち帰りしました。
更にもちろんデザートも食べ、消化のために食後に朝行った山にまた登りました。

満月で晴れててすごくきれい。
ギョレメの夜景と左の方にはユルギュップというお城の形の岩にある町が見えて右の方にもひとかたまりの夜景が見えて、
緑とオレンジの光が宝石みたいに光ってました。
最高に綺麗でした。
私が今まで見た夜景の中でもベスト3に入ります!
[PR]

by gon-puaka | 2010-01-24 19:08
<< あなたの恋人になりたいのです トルコの(食べ)歩き方 その3 >>