'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

トルコの(食べ)歩き方 その2

ブラブラ2日目
この日はトルコ滞在中一番寒かった日かもしれない。
朝起きたらうっすら雪が積もってました。

ホテルの朝食はビュッフェ形式で、内容はどこのホテルも大体同じでした。
パン、きゅうり、トマト、チーズ、ハム、ゆで卵、オリーブ がメイン。
シワスのホテルはフライドポテトもついてました。
パンにチーズと野菜とハムをのっけたらいくらでも食べれちゃう!
もちろん満腹で出発。

シワスからディヴィリまではバスで行きます。
トルコはどんな町にも必ずオトガルというバスターミナルがあって、そこに行けば移動は何とかなるので分かりやすいです。
バス会社のカウンターの中ではおっちゃんが集まってチャイを飲んでました。
何かどっかで見た風景、、、
c0168186_226506.jpg

トルコはとにかくチャイです。
待ち時間にチャイ、食後にチャイ、ナンパにチャイ。

バスは20人乗り位のミニバスで、乗ってたのは7,8人。
出発したら運転席から何やら液体が回ってきます。
この液体、消毒液のようなもので、食堂に行った時も食後におっちゃんが来て手にピューっとかけてくれたんだけど、
揮発性のオイルみたいな感じで、手に塗るもので、柑橘系の匂いがして爽やか気分。
でも消毒成分は無いでしょう、きっと。

2時間でディヴィリ到着。
c0168186_2273024.jpg

これまたち~いさい町ですよ。
ここでもみんなが私達を見ます。
目が合って「メルハバ~(こんにちは)」と言っただけで、おっちゃんがオレンジをくれました。

さて、ディヴィリは小さいだけの街ではありません。
世界遺産があるのです!
1200年代に建てられたモスク。
建物の壁の装飾がものすごかったです!
圧倒的な細かさ!
執念!
c0168186_228283.jpg

c0168186_2283175.jpg

係の人がいて、中も見せてくれました。
中はうまいことライトアップされてて宇宙みたい。
石の色が綺麗なピンク色で、ちょっとづつ色が違ってモザイクみたいでした。


出たところで係りの人に「今夜うちに晩御飯を食べに来ないか」というお誘いを受けました。
わあ!!
行きたい!!
が、、、
今夜はシワスに宿を取ってるのよ~ゴメンネ、と泣く泣くお断り。
トルコ人家庭の晩御飯、かなり魅力的でしたが!
ランチならいいよ、って、、、こっちからは言い出せず。南無。


それから市場へ。
食料だけじゃなくて、日用品も売ってます。
c0168186_229819.jpg

この感じ、、、トンガのフェアーを思い出しますねー!
市場のオレンジ売りの兄さんに写真を撮ってくれと言われて撮ったらまたオレンジをもらいました。


ランチはスープ、チキンの焼いたの、カリフラワーの煮たの、ピラフ、そして食後にプリンを食べました。
プリンは予想外にあっさり味でしたが、上に砕いたピーナツが載っててそれと合わせて食べたらウマー!


で、食後は山の上の城塞跡へ。
写真の一番高いところまで登りました。
c0168186_22131695.jpg

着いたらちょうど、先ほどのモスクで日本人かなー?と伺っていた女性がいて、一緒に行くことになりました。
その女性アヤコさんはトルコファンで、トルコに来るのはもう5回目だそう。
先ほどのモスクで私達と同じように別のトルコ人ユスッフさんに声を掛けられ、ランチをゴチになって、おまけに車まで出してもらったそうです。
ユスッフさん、見たところ50代?3人の美人の娘がいます。

城塞跡まで登ると町が一望できるいい景色。
しかし背後は切り立った崖で下は川になってます。
ユスッフさんと私と崖
c0168186_22114670.jpg


山を降りた後も、ユスッフさんは私達を車で色々連れてってくれました。
観光名所の建物だけではなく、金持ちのソルジャーの建築中の家に勝手に入り、中を見せてくれたりしました。
金持ちのソルジャーの家はすごかったです。
メイドさんの部屋が私の部屋より広かったです。
ユスッフさんは全く英語が分からず、トルコ語とジェスチャーで何とかして説明しようとしてくれるのですが、それを読み解けた時の達成感、通じた!分かった!っていうお互いの連帯感ね!
これがほんとの草の根国際交流。
そして、5時頃に私達をバスターミナル近くで下ろし、「仕事があるから」と言って爽やかに去っていきました。
ありがとうユスッフさん。
そして午後一杯私達に付き合ってくれて仕事は大丈夫だったんだろうか?
アヤコさんがトルコ語と英語を駆使して仕事の内容を聞いたそうなのですが、employee というところまでしか分からなかったそうです。

その後またバスに揺られてシワスへ戻りました。
晩御飯まで少し時間があったので、また焼き栗と、ドーナツのチュロのシロップ漬けみたいなお菓子を買って帰りました。
これもメチャウマだったのですが、味は芋けんぴに似てました。

晩御飯は偶然ホテルが隣同士だったので、アヤコさんと一緒に昨日のランチ食べた食堂へ。
アヤコさんは多分私と同年代だと思うんですが、また色々ネタが豊富な人で、中東や旧ソ連圏が好きでよく旅行してるそうです。
その理由が「乾燥してるから旅行しやすい」
うーむ、確かに。

更に話を聞くと、昔南米の最南端に行った時に
「クレジットカードを忘れて南極ツアーに行けなかった」
と言ってました。
南極って!普通の人が行けるもんなんだ!?
しかも行けなかった理由それ!?

南米のその南極ツアーが出てるところはバックパッカーがツアーの出発待ちでたむろしてるそうですよ。

ホント、世の中にはおもろい人がいっぱいいて、知らない事もまだまだ沢山あるのだ。
[PR]

by gon-puaka | 2010-01-22 22:22
<< トルコの(食べ)歩き方 その3 トルコの(食べ)歩き方 その1 >>