'Io!


いーよいーよ さいぺさいぺ
by gon-puaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あーうぇー!!!

本日(12月28日)の朝日新聞より

「冬の読書特集
 デビュー作『告白』がベストセラー 湊かなえ さん」

「 デビュー作『告白』がいきなりベストセラーとなり、週刊文春ミステリーベスト10の1位にも選ばれた。
 幼い我が子を殺された中学校の女性教師が、終業式で犯人はこのクラスにいると語ったことから、生徒の関係が少しずつおかしくなっていく。
 自己中心的なふるまいをする生徒や教師、親たちがぞっとするような自己弁護を重ね、また事件がおきる。読み始めたら予期せぬ方向へ話が転がり始め、とまらなくなる。
(中略)
 なにしろ小説を書くのは初めて。小説家を志したのは30歳を過ぎてからだ。
 大学の卒業直前に阪神大震災に遭い、アパレルメーカーで働き始めたものの「何かもっと人の役に立つことはできないか」と思う気持ちがむくむくとふくらんだ。青年海外協力隊に応募、トンガに派遣される。2年間、栄養指導にあたり、帰国。その後、大学時代の恩師の紹介で、淡路島で非常勤講師の職を得るが、1年後に結婚して退職。今も淡路島に住んでいる。(後略)」


お、協力隊!

え!?トンガ!?!?!?!?

トンガ!トンガ!トンガ!!!!

トンガだよ~~~!!!!

あ~~~うえ~~~!!!!


朝っぱらから大コーフン。
びっくりびっくり!!!
おほばーれ あうぴと あうぴと!!!

湊かなえさん、73年広島県生まれだそうです。
栄養指導ってことは、栄養士か家政隊員かな?
家政隊員だったらもしかしてコシリオ配属かな?
コシリオだったら、年も私とそんなに離れて無いし、もしかしてレーコちゃんの前前前任者くらいかも!?
とか、色々考えちゃったよ。


帰国以来、たまーに協力隊OBの人が記事になってたりするのを見る。
最近だと、「やきとりじいさん」(確か)っていう歌の体操が流行っている(らしい)んだけど、
その体操を考案したのが、バヌアツの体育隊員OBだそうです。その人は31歳だった。

そういうのを見ると、協力隊って面白い人、すごい人がいるんだなあ~!と思って、私もそんな人達と同じ協力隊OBだってことが信じられない気持ちになります。

あとは、駒ヶ根同期やトンガ隊員仲間。
帰国してから、大学に戻った人、しっかり就職決めてバリバリ働いてる人、また海外に出る人、結婚して子供がいる人、
みんな絶対、苦しくも楽しい2年間を経て、帰国してからも悩んできたはずで、
でもそれぞれの道を決めて進んでいて、
その姿を見てると、ほんっとうに、私も頑張ろう!!と腹の底から元気が出てくる。
それだけでも、協力隊行ってよかったな~と思う。


いやー、それにしても、トンガですよ。
ああ~何だか本当に嬉しい。
しかも、同年代と言ってもいいくらいの年齢の人ですよ。
例えば、私の母校の出身者が同じように記事になるより、
「協力隊、しかもトンガ」っていう共通点の方が何倍も嬉しい気持ちになるなあ~。
この本、ちょっと前に何回か書評を読んでいて面白そうだなと思っていたし、読んでみよう!


新聞ってたまにこういう事があるからやめられないよね。
来年の春から新聞どうしようかなあ、学校の図書館行けば多分読めるだろうし、今はネットもあるし、正直帰国してからは前ほど新聞面白いとも思えなくなってきたし、、、
と思っていたけど、ネットでニュースは知れても、こういう記事は見れないしね~。
新聞代、結構なお値段ですけどこれは必要経費かな~。
[PR]

by gon-puaka | 2008-12-28 15:48
<< たうふぉおう ふぃえふぃあ 正直者 >>